top of page

世界で3番目に大きい一枚岩の Peña de Bernal

更新日:2023年11月24日

FUJITAYA のあるケレタロから車で一時間ほどで到着する小さな町、San Sebastián Bernalには、世界で3番目に大きい一枚岩の Peña de Bernal (ペニャ)があります。



このペニャには、なんと登ることができ、ケレタロで有名な観光スポットとなっています。


頂上の周辺は断崖絶壁で、クライミングの装備が必須ですが、途中(かなり上の方)までは、一般の人でもアクセス可能で登山を楽しめます。


但し、このペニャはゴロゴロした岩場を登ったり、ロープを掴んで移動することもあるので、動きやすい服装でいくことをおススメしています。靴は登山靴やスニーカーの方が良いかもしれません。


町からペニャへの入り口まで行くには、道沿いに立ち並ぶお土産屋さんの間を通り抜けていきます。色とりどりの建物やお土産、食べ物が目に入り、飽きずに入口まで行くことができました。


入口にて一人あたり30ペソの入場料を払い、簡易的なゲートを抜けて、いよいよゴールを目指して出発です。



ペニャのゲートウェイであるBernalの町自体がが高地であることもあり、登っていると息が切れてきます。ただ、ペニャの標高は2,500mほどあるため、私が登った曇り空の8月はそこまで暑くはありませんでした。


途中には腰掛けられるエリアがあるので、飲み物を飲んだり休憩しながら進みます。


大きなサボテンや見たことのない植物もたくさんありました。疲れても後ろを振り返れば、メキシコの雄大な大地が見渡せます。山地の多い日本ではなかなか見ることのできない風景で、地平線に広がる山々、眼下に広がるBernalの町並みはとても癒されます。



私たちは一般の人が登れる限界までは行きませんでしたが、それでも十分スリルと感動を味わえました。


実はこのペニャはUFOの目撃も多いという、メキシコでは有名なパワースポットでもあります。残念ながら霊感のない私たちは、特に何かの存在を感じることはありませんでしたが、登りながら巨大な一枚岩に手をあてた時は、自然の偉大さと歴史を感じ心が躍動し、また、下る際は疲労で膝が痛くなりましたが、ペニャを登らなければ味わえなかった感動で胸が熱くなりました。


登山後には町の中心部へ下りながら、行きに見てきたお土産屋さんへ寄ってみました。お店には、町や岩をモチーフにしたマグネットから、たくさんの種類のパワーストーン(パワースポットである岩にちなんででしょうか?)まで、いろいろなものが売っています。



その後も、町の中心部の教会に寄ったり、美味しいPan de Queso (チーズのパン)を食べたりと、充実した時間を過ごすことができました。


見どころたくさんの Peña de Bernal。

みなさんも、ぜひ足を運んでパワーを感じてみてください。


Peña de Bernalへは、ホテルから専用車をチャーターして行くことができます。往復の送迎と現地では3時間ほど登山や町の散策を楽しめます。詳しくはホテルWebのツアー案内をご覧ください。



閲覧数:64回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page